不要な言語はインストールされないことをおすすめします。

言語ファイルはPOファイルとしてエクスポート可能です。

一覧にない言語の追加

CS-Cartにパッケージされていない言語を追加する方法です。

Note

複数言語の利用はフルモードでの運用に限ります。

管理画面 > 一般設定 > 配送方法/税金 > 国名を開き追加する言語の国コードを調べます。
この例ではベトナム語を追加してみます。
ベトナム(Viet Nam)は「VN」となります。

続いて、管理画面 > 一般設定 > 言語 > 言語の管理 を開きます。
インストール済み(タブ)にてインストールが行われている言語の一覧が表示されます。
ベースとする言語の行にマウスカーソルを合わせると右側に歯車ボタンが表示されますので、クリックしてコピーを選択してください。

「新しい言語コードを入力してください」というウインドウが表示されますので、上記で調べた国コードを小文字で入力します。

一覧画面にステータスが無効の状態で追加した言語が表示されますので、マウスカーソルをあわせて歯車ボタンをクリックし編集を選択します。

言語の編集画面が表示されますので名前を入力、国名を変更、ステータスを有効に変更し保存してください。

続いて管理画面 > 一般設定 > エクスポート > 言語変数 > 言語変数(タブ)より、エクスポートオプションの言語に上記で作成した言語のみを選択してエクスポートを行います。

ダウンロードしたcsvファイルの「Value」が表示される文言となるため翻訳して保存します。

管理画面 > 一般設定 > インポート > 言語変数 > 言語変数(タブ)より、上記で編集したcsvファイルをインポートしてください。

Note

言語の追加後は念のためテンプレートキャッシュのクリアを実行して表示をご確認ください。

リアルタイム編集(v4.1系では「言語変数のリアルタイム編集」)

ショップの画面を見ながら文言を編集可能です。
言語変数として変更が可能なものは破線(v4.1系では背景が薄い緑色)で囲まれています。

Note

編集が終わったら必ず
右上の「×」ボタンを押してモードを終了させてください。