フル&フリーモード

本体のアップグレードは全てのモードでご利用いただけます。

CS-Cart本体の最新バージョンがリリースされると管理画面右上に「お知らせ新しいバージョンのCS-Cartが利用可能です。 今すぐアップデート」というメッセージボックスが表示されます。

【フリーモード環境について】
CS-Cart本体がフリーモードで動作している場合は、アップデートが自動で通知されません。フリーモードで動作している環境では
管理画面 > 一般設定 > アップグレードをクリックして利用可能なアップグレードが存在するかをご確認ください。

具体的なアップグレード手順は以下をご覧ください。

STEP01.アップグレードの準備

【バックアップ

アップグレードを行う前に、「MySQL、CS-Cartに関連する全てのファイル」のバックアップを必ず行ってください。

  • MySQLデータベース
    phpMyAdminの 「エクスポート」 機能などを利用して、CS-Cart用DBの構造とデータをすべてバックアップしてください。
  • CS-Cartに関連する全てのファイル
    専用サーバーなどでサーバーコマンドを使用できる場合には、 「cp」 コマンドなどでCS-Cartに関するすべてのファイルやディレクトリを非公開エリアにバックアップしてください。サーバーコマンドが利用できない場合 は、CS-Cartに関するすべてのファイルやディレクトリをファイル転送ソフトを使用してローカルPCにダウンロードしてください。

バックアップが無い状態でアップグレードに失敗した場合は無償サポートの範囲外となりますので予めご了承ください

※ CS-Cart本体のアップグレード中には更新対象となるデータベーステーブルとファイルが自動でバックアップされますが、精度の面からも手動でバックアップを行うことをおすすめします。

【PHPバージョンの確認】

ご利用いただいているサーバーのPHPバージョンをご確認いただき、PHP5.2である場合は事前にPHP5.3への変更を行い本体のアップグレードを実施してください。
※)PHPバージョンが5.2の場合は、アップグレードが途中で終了してしまう可能性がございますのでご注意ください。

【テスト環境でのアップグレードテスト】

アップグレードに関するトラブルを回避するため、まずはテスト環境にてアップグレードを実行することをおすすめします。

ご存知でしたか?

CS-Cartは本番環境に加え、テスト(開発)環境にもインストールすることができます。

本番環境と同じ内容のテスト環境を構築し、カスタマイズやアップグレードはまずテスト環境に適用して確認してください。
※ 作成可能なテスト環境は1ライセンスにつき1つまでとなります。
※ テスト環境はBasic認証などを使用して第三者からアクセスできないよう設定する必要があります。
※ アップグレードのテストを行うにはテスト環境用URLを事前に弊社までご連絡いただく必要があります。
※ テスト環境用URLは こちら から申請いただけます。

STEP02.パーミッションの変更およびアップグレード設定の確認

【パーミッション設定の変更】

CS-Cartのインストールディレクトリ直下に存在する config.local.php のファイル自体のパーミッションを「666」に変更します。

また、このファイルの134行目付近に定義された
define(‘DEFAULT_FILE_PERMISSIONS’, 0666);
define(‘DEFAULT_DIR_PERMISSIONS’, 0777);

define(‘DEFAULT_FILE_PERMISSIONS’, 0644);
define(‘DEFAULT_DIR_PERMISSIONS’, 0755);
に書き換えて上書きします。

【アップグレード設定の確認】

管理画面 > 基本設定 > アップグレードに移動し「FTPサーバーの設定」セクションの各項目を入力します。

名称内容
ホスト名FTPサーバーのホスト名
ユーザー名FTPサーバーのユーザー名
パスワードFTPサーバーのパスワード
ディレクトリCS-Cartがインストールされているディレクトリ (Webルートディレクトリを含める)
例)CS-CartをWebルートディレクトリにインストールした場合、「public_html」 と入力。
Webルートディレクトリが 「public_html」 、CS-Cartがインストールされているディレクトリが
「shop」 の場合、 「public_html/shop」 と入力。

STEP03.アップグレード内容の確認

管理画面に表示されるメッセージボックスの「今すぐアップデート」をクリックするとアップグレードパッケージの内容が表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。

STEP04.チェック

CS-Cartデフォルトのファイルにカスタマイズを行われている場合は、対象ファイルが一覧表示されます。

アップグレードを行うとアップグレード対象のファイルは初期状態のファイルで上書きされます。
自社でカスタマイズを行ったファイルについてはアップグレード後に、再度カスタマイズを適用してください。

問題が無い場合は「続ける」ボタンをクリックしてください。

【ご注意】
当画面に「以下のファイルには書き込み権限が設定されていません。」と表示される場合はSTEP02.にて「FTPサーバーの設定」が正しく行われているかをご確認ください。

STEP05.バックアップ

更新対象ファイルが自動的にバックアップされ、対象ファイルの一覧が表示されます。
また、万が一アップグレードに失敗した際に復旧を行うURLが表示されますので、念のためアドレスを保存してください。

問題が無い場合は「続ける」ボタンをクリックしてください。

STEP06.アップグレード完了

修正ファイルおよびデータベースが更新され、問題が無ければアップグレードが完了します。

画面内に表示される「アップグレード」リンクをクリックしてその他のアップグレードがないかを確認してください。
※)その他のアップグレードがない場合は「利用可能なアップグレードはありません」と表示されます。

STEP07.設定ファイルの変更およびショップのオープン

【パーミッション設定の変更】

「STEP02.パーミッションの変更およびアップグレード設定の確認」で書き換えを行った設定ファイル「config.local.php」のファイル自体のパーミッションを「644」に戻します。

また、このファイルの134行目付近に定義された
define(‘DEFAULT_FILE_PERMISSIONS’, 0644);
define(‘DEFAULT_DIR_PERMISSIONS’, 0755);

define(‘DEFAULT_FILE_PERMISSIONS’, 0666);
define(‘DEFAULT_DIR_PERMISSIONS’, 0777);
に書き換えて上書きします。

【ショップオープン前の確認】

ショップのオープンを行う前に管理画面 > デザイン > テーマ 画面左上の「キャッシュの自動リビルド」を確認して「ON」と設定されている場合は「OFF」に変更してください。

【ショップのオープン】

アップグレード処理に伴いショップが「一時クローズ」の状態に変更されています。
ショップをオープンする場合は管理画面 > 基本設定 > 全般 にある「ショップを一時クローズ」のチェックを外し設定を保存することでオープンされます。
なお、一時クローズの状態でショップ画面を確認するためには「ショップを一時クローズ」の下にある「一時閉鎖中のショップへのアクセスキー」を設定してアクセスキーを付けたURLをブラウザのアドレスバーに入力してください。
例)http://www.company.com/index.php?store_access_key=【設定したアクセスキー】

※)ショップをオープンする前に以下のURLを参考にテンプレートおよびレジストリキャッシュのクリアを行ってください。
キャッシュのクリア方法